NBAスタジアム完全制覇しました コンプリートの感想、宿泊ホテル、旅費、節約術など

この記事では全スタジアムコンプリートした感想、宿泊したホテル、節約術などを語っていきたいと思います。

コンプリートを目指したキッカケ

筆者は記事執筆時はボストンに住んでおりシーズン中は毎週のようにTDガーデンでセルティックスの応援をしているのですが他のチームにも好きな選手は沢山居るので彼らのホームで試合や会場の雰囲気を味わってみたいと思い色々なスタジアムに行くようになりました。

気づいたら意外と10個くらいスタジアムに行っていたのでコンプリートを意識するようになりました。

先日、Kaseya Centerに行った事でNBA全29スタジアムをコンプリートしました。

旅の節約術

私がNBA旅行で節約したポイントをまとめます。

交通費

旅行にかかる費用で一番気をつけた部分は交通費です。

飛行機代を抑えるために一回の旅行で出来るだけ多くの都市に行けるような旅程を心掛けました。

基本的に週末(金土日)3泊4日で3都市3連戦みたいな感じでスケジュールを組むことが多かったです。

一番過酷だった旅程は7試合連続でフェニックス→ユタ→ニューオーリンズ→ダラス→オクラホマ→ダラス→ヒューストンに行った時です。

移動で早朝の飛行機も多くてあまり睡眠時間が確保できずにヘロヘロになりました笑

ミネソタ、サクラメント、ポートランド、メンフィスあたりは飛行機の便が少なかったので意外と苦労しました。

ポートランド、サクラメントなどは日本から行く際も直行便はなく、LAなどを経由して行くことになるので少し大変です。

サンフランシスコ→サクラメントはバスで3時間ほどで行けるのでウォリアーズのホームと近い日程で見れたら効率が良いと思います。

節約旅行の複数都市観戦にはバスもあり

節約法としてなるべく旅程をまとめるのも一つなのですが、都市間の移動にバスを使いました。

飛行機に比べると料金も安く移動も楽なのでおすすめです。$20~100程度で見つかるものが多く、平均で$40前後と思います。

電車もその土地の雰囲気が味わえて良いですが、金額重視の場合はバスがやっぱり安いです。

バスの予約サイトはFlixBusを使用しました。

注意点としてはGreyHoundではなくFlixBus方がお勧めなことでしょうか。

Greyhoundのバスは遅延などが多く起こります。時間に余裕がある場合は使ってもいいですが3回に1回くらいは遅延のトラブルがあるイメージです。私はFlixBusでトラブルにあった事はありません。

その日のうちに目的地に辿り着かない事は滅多にないですが、バスでは2~3時間の遅延は覚悟し、スケジュールがタイトな場合はUberや他の交通手段も念の為考えておく必要があるかもしれません。

10回以上バスでの旅行はしていますが、大きな遅延はダラス→オクラホマの1回だけでした。

その時に使用したのはGreyhoundです。

私の場合は3~4時間までのバス旅行は平気で6時間を超えてくると結構辛くなってくるので、値段によっては飛行機も検討しています。

バス内は同じ目的地に行く人だけで乗り降りも激しくないので、個人的にはアメリカの街中のバスほどの治安の悪さは感じませんでした。

ですがバスは基本的に2人席なので1人で旅行する際は隣に知らない人が何時間も座る状況をストレスに感じる場合もあると思います。

ニューオーリンズ→ヒューストン→サンアントニオ→ダラス→オクラホマ

ボストン→ニューヨーク→フィラデルフィア→ワシントン

ミネソタ→ミルウォーキー→シカゴ→インディアナ

上記のような日程で予定を組めるとバスも含めて効率良く回れると思いますが、NBAのスケジュールに左右されるので丁度いいスケジュールは中々ないです。

私は数日連続で試合を見るようなスケジュールを組むことが多かったのですが、バスを使用する時はもし遅延があっても間に合うように早朝のバスを使用する事が多かったです。

食事代

旅行中はどうしても外食中心になりますが、食事も私はあまりお金をかけていません。

その土地の名物などがあればたまには良いのですが、アメリカ国内で地域による食事のバリエーションをそこまで感じないし、お金を出せばとんでもなく美味しいというわけでもないように思っているためです。

スタジアムの前後にサクッと済ませたり簡単なものをホテルに持ち帰ることもありますし、割高ですが試合中の気分を上げるためにスタジアム内で飲食を済ませることもあります。

ただ、個人的に、アメリカに住んでいながらも、日本食(ご飯)だけは定期的に食べないと落ち着かない体質のため、どうしてもご飯ものを見つけると足が向いてしまうことが多いです。

本記事では同じような体質の方に向け、各都市のスタジアム近くで見つけたリーズナブルな日本食もいくつかご紹介しています。

飛行機代

アメリカ国内旅行なので飛行機は片道$100~500程度が多く、平均で$150ほどになるかと思います。

一番安かったのはSpiritを使ったボストン→マイアミの$40でした。

数日間連続で試合を見る旅程を多く組んでいたので、飛行機に遅延があると試合が見れない事もあるかもしれないので早朝の飛行機を予約する事が多かったです。

午前5時とかの便でも2時間前には空港に着くようにしていたので、あまり睡眠時間を確保できない事もありました。

他には荷物を預けると紛失の危険もありますし、受け取りまで時間がかかるので私はコンパクトに荷物をまとめて預け入れはしないようにしました。

荷物をコンパクトにまとめるのにこちらの真空パックを使用しました。

日本からの旅行の場合は荷物も多いので預け入れをしないと思いますが、その際はAirTag等で自分の荷物を追跡できるようにすると便利です。

飛行機の待ち時間で荷物が飛行機内に積まれているかどうか確認できます。

私はアメリカ国内で過去に一度だけ預け入れ荷物を紛失された事がありますが、3日後に宿泊しているホテルに届けてくれました。

その時は普通の旅行で同じホテルに1週間ほど宿泊していたので良かったですが、NBA旅行で違う都市に飛び回っている場合は荷物を届けてもらうのも難しかったと思います。

紛失の際は航空会社が必需品(洋服、化粧品など)の購入分は返金して貰えます。

ホテル代

ホテルは、完全に安さを最重視して宿泊してみたたサンフランシスコのホテルで痛い目にあったり、オーランドでも治安が最悪のホテルに当たってしまった経験などがあり、

ある程度の安心のため、一定のホテルブランドを選ぶことが多くなりました。(とはいえ、早朝移動で寝るだけのことも多いので、お高めのグレードのホテルをこだわって選ぶことはあまり多くないです。)

各地域でどのホテルに泊まったかなど詳細は後述していますが、スタジアムのすぐ近くに必ず1つ2つはマリオットやヒルトン系列のホテルがあり探しやすいこともあり、マリオット系列のホテルに宿泊する事が多かったです。

なおアメリカ国内ではホテルのエリートステータスの特典やアップグレードはあまり期待できないことが多かったです。

(私はマリオットのプラチナ会員ですが、アメリカではもともと無料朝食が提供されているホテル以外でプラチナ会員の朝食無料特典などが付くことはないです。ヒルトンも無料朝食ではなくホテルクレジットという形なので少し使いにくいです。エリート会員用のラウンジ等もコロナ禍以降閉めているようなホテルもあるようでした。)

チケット代

チケットはピンキリで、節約しようと思えばスタジアムによっては$10以下で行けたりもしますが、私は観戦目的に応じて奮発することも多かったです。平均すると一試合$500前後かけていたと思います。

おすすめのシートなどは、下記で各都市での宿泊ホテルと一緒に観戦ガイドのリンクを載せているのでご参考ください。

NBAチケットの購入方法や安く購入する裏技は下記の記事で読めます。

各都市の思い出、宿泊ホテル

メインの旅行目的がNBAで観光はついで程度なのであまり思い出というほど語ることはないのですが各都市や宿泊したホテルを都市のアルファベット順にご紹介します。

NBA選手とスタジアムで会ってサインを貰ったり写真を撮りたいというファンの為のnote記事のリンクも各スタジアム毎に貼ってあるので読んで頂けると嬉しいです。

今まで沢山のお金と時間を注ぎ込んで(笑)数百人のNBA選手と交流してきたノウハウを詰め込んでいるのでNBAを現地で観戦してみたい、する予定の方は是非読んでください!

Atlanta(アトランタ)

Atlanta Hawksのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:The American Hotel Atlanta Downtown – a DoubleTree by Hilton

アトランタではではスタジアムから徒歩5分ほどの「The American Hotel Atlanta Downtown – a DoubleTree by Hilton」というホテルに宿泊しました。

空港からは電車で1本で行けてアクセスも良かったです。

スタジアム近くにはオリンピックパークや観覧車などありゆっくり楽しむにも良い場所です。

スタジアム内のストアにはトレイヤングのシグネチャーシューズが綺麗に陳列されて販売されていたのが印象的でした。

たまにシグネチャーシューズを売っているチームストアはありますが、ここまでの種類が販売されているスタジアムはなかったと思います。

ジャージーは通常盤が$110でオーセンティックが$250で販売されていました。

Boston (ボストン)

Boston Celticsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:citizenM Boston North Station hotel

「citizenM Boston North Station hotel」は最低限の機能を備えたコンパクトなホテルですが、ベッド周りのスイッチなど機能性が充実していて、新しく清潔感のあるホテルです。大きな窓からは街を一望できることも。

ホテルは実質TDガーデンに併設しているので徒歩0分です笑

ホテルの横にはスーパー、映画館、フードコートもあるので何かと困らないと思います。

同じく近くには「Courtyard Boston Downtown/North Station」もあり、同じくらいTDガーデンに近いため、こちらに宿泊しているファンも多いです。

空港からスタジアムのNorth Stationまで行くには無料のシャトルバスに乗ってBlue Lineの Airport駅まで行き、

そこから電車に乗れば20分ほどで着きます。料金も$2.4と格安です。

TDガーデンの一番大きいチームストアはスタジアムの外にあり、試合中にスタジアムからアクセスはできないので試合の前後にチェックするように気をつけましょう。

プロショップでは通常ジャージーは$130でオーセンティックは$250で販売されています。

Brooklyn, New York(ブルックリン、ニューヨーク)

Brooklyn Netsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

New York Knicksのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Four Points by Sheraton Manhattan Midtown West

ニューヨークはボストンから近いこともありバスでも電車でも何度も行っているのですが

「Four Points by Sheraton Manhattan Midtown West」が悪い意味で一番印象に残っているホテルです。

ニックスのホームスタジアムまでは徒歩10~15分ほど、ネッツのホームスタジアムまでは電車で30分ほどです。

ニューヨークの地下鉄は24時走っているので試合で遅くなっても心配は要らないですね。

アメリカ最大都市だけあってホテルはどこも高いですが「Four Points by Sheraton Manhattan Midtown West」が、たまたまポイント宿泊がお得になっていてMSGも徒歩圏内なので予約してみました。

部屋は一見綺麗そうなのですが、ものすごくコンパクトなのと、シーツと布団がとんでもなく汚かったです(スライド2枚目参照)

シーツと布団の交換はもちろん頼んだのですが何度お願いしても同じカビのような物しか頂けず。

マリオット系列とはいえハズレはあります。。

同じFour Points by SheratonでもTimes Squareの方はそこまで悪くなかったのですが、、Midtown Westは間違ってもリピートは避けたいホテルです。

MSGから徒歩20~30分のところにNBAストアもあるので勿論、行ってきました。

店内の様子などは気になる人は下記の記事で読めます。

MSGの一番大きいチームストアはスタジアムの入り口の外にあり、一度スタジアムに入場したら試合が終わるまで戻ってこれないので気をつけましょう。

MSGでは通常ジャージーは$130でオーセンティックは$250で販売されていました。

Barklays Centerでは通常ジャージーは$150でオーセンティックは$250で販売されていました。

前シーズンのジャージーなどセール品も多かったです。

ニックスやネッツ試合も何度か観戦しており、マンハッタンなどついでに観光もしやすいですが、

他にNYCで思い出に残っているのがFriends Experienceです。

Friends Experience日本でも大人気のシットコムドラマFriendsのレプリカセットの見学ができる場所です。

写真を撮ったりもできますがCentral Parkカフェでお茶をすることもできてとても楽しかったです。

ニューヨークは牛角や大戸屋など日本のレストランも多いですが、日本と比べるとかなり割高です。

手軽に日本食を食べたい方にオススメなのがWasabiです。

日本のコンビニみたいになっており、弁当やお寿司を買って店内で食べる事ができます。

販売価格は$15ほどでウエイターもいないのでチップの不要なのでニューヨークに行く時は毎回のように利用しています。

Charlotte (シャーロット)

Charlotte Hornetsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:DoubleTree by Hilton Charlotte City Center

クリーブランドではではスタジアムから徒歩3分ほどの「DoubleTree by Hilton Charlotte City Center」というホテルに宿泊しました。

アクセスもよく部屋も広くて綺麗だったのでおすすめです。

私が行った時はマイケル・ジョーダンがオーナーだった事もあり、チームストアにはジョーダンブランドのシューズやアパレルも置いてありました。

ホーネッツはアパレルも派手で可愛いグッズが多かったです。

通常ジャージーは$120で販売されており、私が行った時はオーセンティックは販売されていませんでした。

Chicago Bulls(シカゴ)

Chicago Bullsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

シカゴはホテルには宿泊せずに日帰りでした。

私が行った日は試合開始がお昼頃だったのでそのまま別の都市に飛び立つとうハードスケジュール。

Bounceという荷物預かりのサービスを利用し、怪しいコンビニのようなお店に荷物を預けたのですが、何かを盗られているという事はありませんでした。

スタジアムの近くにも荷物を預けるロッカーはあったのですがスーツケースなど大きい荷物などを入れるのは難しいかもしれません。

シカゴはジャズとブルースの歴史が深いのでライブミュージックを楽しめるレストランが沢山あるので今度もし行く機会があったらNBAだけではなく音楽も楽しみたいです。

他には特徴的な深いパイ皿のシカゴスタイルのピザも有名なので現地に行った際は食べてみるといいかもしれません。

ブルズのスタジアムでは選手の実使用ジャージーや選手のサイン入りブロマイドのミステリーボックス(開けるまでどの選手が入っているか分からない)が$30で売られていたりして面白かったです。

通常ジャージーが$130でオーセンティックは$200で販売されていました。

他のスタジアムに比べてオーセンティックは安いと思います。

Cleveland(クリーブランド)

Cleveland Cavaliersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Metropolitan at the 9, Autograph Collection

クリーブランドではではスタジアムから徒歩4分ほどの「Metropolitan at the 9, Autograph Collection」というホテルに宿泊しました。

マリオットプラチナで日本式のシャワーと別のバスタブや暖炉や充実したミニバー付きの高級感のある部屋にアップグレードしてもらえて良かったです。

アップグレードがなくても、スタジアムへのアクセスも良くおしゃれなコンセプトホテルなのでおすすめです。

スタジアムから徒歩20分ほどの場所にRock & Roll Hall of Fameというロックの殿堂入りの博物館があるので音楽が好きな人にはおすすめです。

スタジアムには売っていませんでしたが、レブロンのジャージーは街のスポーツ店で販売されているのを見かけました。

スタジアムでは通常ジャージーが$120でオーセンティックは$200で販売されていました。

他のスタジアムに比べてオーセンティックは安いと思います。

キャブスのオンラインチームストアではセールをやっている事もあります。

少し前は買えば買うほど安くなるセールでオーセンティックを$130で購入する事が出来ました。

スタジアムで買うのもいいですがオンラインストアもチェックするのをおすすめします。

Dallas(ダラス)

Dallas Mavericksのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:W Hotels

ダラスではスタジアムのすぐ目の前にある「W Hotels」というホテルに宿泊しました。

少しお高めのグレードのホテルではありますが、治安も考慮して試合後の遅い時間に歩き回らないで良いようにスタジアムからの距離を重視。

12月でしたがダラスは温暖気候なのでなんとかプールにも入れる気候で屋上のプールを満喫できました。

スタジアムの目の前で部屋も広くて綺麗だったので大満足。

サービスも悪くないですが、フロントで電子レンジ使いたいって言ったら、部屋で待つように言われて電子レンジごと持ってこられたのはびっくりでした笑

近くにはレストランも沢山あり日本系のJINYA Ramen Barというレストランに行ったのですがラーメンや他のメニューもとても美味しかったので昼夜リピートしました。

JINYA Ramen Barは22~23時まで営業しているので、日によっては試合の後も行けると思います。

DFW Airportからスタジアムまではかなり距離があり電車で行く場合は2~3時間かかります。

Uberだと30分前後ですが片道$40~50と料金は高めでした。

スタジアムでは通常ジャージーが$125でオーセンティックは$250で販売されていました。

私が行った時はホリデーシーズンで全品15%オフのセールをやっていました。

さらにAmerican AirlinesがスタジアムのスポンサーなのでAmerican Airlinesのクレカで10%引きになるので持っている方は忘れず持っていきましょう。

Denver(デンバー)

Denver Nuggetsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:SpringHill Suites by Marriott Denver Downtown

デンバーではスタジアムから徒歩5分ほどにある「SpringHill Suites by Marriott Denver Downtown」というホテルに宿泊しました。

SpringHill Suitesは会員資格関わらず朝食無料なのですが、早朝移動の多い私の旅程ではいつも食べ損ねてしまいます。

Denver International Airportはアメリカで一番大きい空港なので搭乗客もかなり多いのでかなり時間に余裕を持って空港に到着することをお勧めします。

空港⇄スタジアムも結構距離があるのでUberなどの料金も高めでした。

デンバーは「マイル・ハイ・シティ」とも呼ばれ、海抜約1マイル(約1600メートル)の高さに位置しており、この高度により空気が薄く透明度が高まり、日の出の光がとても鮮やかで綺麗なのでデンバーに行った際は早起きして見る価値はあると思います。

今まで見た中で朝焼けの中でダントツでデンバーが綺麗でした。

スタジアムでは通常ジャージーが$130、オーセンティックは$240~250で販売されていました。

私が行った時は優勝したシーズンの翌年でしたが、優勝記念グッズがかなり余っていたようで大量にセールされていました。

Detroit(デトロイト)

Detroit Pistonsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Aloft Detroit at The David Whitney

デトロイトではスタジアムから徒歩12分ほどにある「Aloft Detroit at The David Whitney」というホテルに宿泊しました。

近くにMLBのスタジアムなどもあったので時期によってはまとめて観戦したりできるかもしれません。

スタジアムでは通常ジャージーが$125、私が行ったときはオーセンティックは販売されていませんでした。

サンフランシスコ(San Francisco)

宿泊ホテル:The Utah Inn

サンフランシスコは物価が高いので節約のためにとにかく安さ重視で「The Utah Inn」というホテルに宿泊してみましたが失敗でした…

トイレとシャワーが共同(部屋の外)なのは事前に知っていたのですが、私が宿泊したとき電気工事中とのことで電気が一切使用できず…

シャワーの後のドライヤーも使えないし携帯も充電できず、暗闇の中でスマホライトを使って荷物を整理するしかない始末…

幸いにもポータブル充電器を持ってきていたので助かりましたが、翌朝4時にUberで空港に向かわないといけなかったので充電できなかったら空港にも行けなかったです。

一応、フロントでヘルプも求めたのですが特に何もしてくれませんでした。

流石に電気が日常的に使えない事はないと思いますがおすすめは出来ないのと、私はこれ以降基本的にマリオットブランドなど一定以上のホテルを選んで安心を買うようにしています。

スタジアムからは徒歩20~30分で結構、距離はありますが夜もそんなに危険ではないと思います。

スタジアムでは通常ジャージーが$150で私が行った時は、オーセンティックは販売されていませんでした。

Chase CenterではNBA屈指の大人気スタジアムなのでオーセンティックはすぐに完売してしまうようなので見つけたら迷わずゲットした方がいいかもしれません。

一番大きいストアはスタジアムの外にあるので一度入場したら試合が終わるまで行くことが出来ません。

ストア内にはカスタムジャージーを即日で作ってくれるサービスもあります。

サンフランシスコはとても街並みが綺麗で街歩きしているだけでもとても楽しめました。

人気ドラマのFull Houseのロケ地としても知られておりドラマで使用されているような家が沢山あって感動しました。

サンフランシスコではカジュアルに万引きしている人を何度か見かけてとても驚きました。

カリフォルニアは$950以下の万引きは軽犯罪に分類され刑務所に入ることも殆どないようなのでその影響かもしれません。

こちらに危害を加えてくる事は基本的に無いと思いますがもし見かけてもビデオなどは撮影しないで念の為その場を離れた方がいいです。

Houston(ヒューストン)

Houston Rocketsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Residence Inn Houston Downtown/ Convention Center

ヒューストンではスタジアムから徒歩8分ほどにある「Residence Inn Houston Downtown/ Convention Center」というホテルに宿泊しました。

Residence Innはリーズナブルですが長期滞在向けホテルで冷蔵庫や電子レンジが部屋にあり朝食もついていることが多いので食事のタイミングに困るかもしれない旅行では便利です。

立地的には、「Hilton Americas-Houston」もスタジアムが目の前なのでお勧めです。

ヒューストンにはスタジアムから車で20分くらいの場所にNBAストアもあります。

ニューヨークに続きアメリカでの2店舗目のNBAストアです。

見て回るだけでも楽しい空間ですが、NBAストアはグッズなどはかなり割高なイメージです。

他にもスタジアムから車で30~40分の場所にHouston Space CenterというNASAの施設があるので宇宙に興味のある人は必見です。

ヒューストンは温暖気候で冬でもそこまで寒くはならないけどジャケットは持って行った方がいいと思います。

私が行った時はクリスマスシーズンだった事もあるかもしれませんが、ホテルからスタジアム間はお店は多いのに閑散としていて閉まっている場所が多かったのでレストランを探すのに苦労しました。

スタジアムでは通常ジャージーが$130、$250で販売されていました。

Indiana(インディアナ)

Indiana Pacersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Hotel Indy, Indianapolis, a Tribute Portfolio Hotel

インディアナではスタジアムから徒歩5分ほどにある「Hotel Indy, Indianapolis, a Tribute Portfolio Hotel」というホテルに宿泊しました。

スタジアムから近く部屋もとても綺麗で良かったです。

この日は早めに到着したの近くのアジア系のレストランのWei Ramenで昼食を取ったのですが、かなり量も多く食べきれなかったです笑

カレー、ラーメン、丼物など日本食も充実しており価格もリーズナブルなのでスタジアムの近くでお腹いっぱい日本食を食べたい人にはおすすめです。

ペイサーズのスタジアムはオールスターがあった事もありスタジアムの周りにはモニュメントなどが多くありとても綺麗でした。

スタジアムのすぐ横はバスケコートになっておりボールも置いてあるので試合前に遊ぶ事が出来ます。

元々はスケートリンクだったようでオールスターに合わせてバスケコートになったようです。

スタジアムでは通常ジャージーが$130で私が行った時はオーセンティックはの販売はありませんでした。

Los Angeles(ロサンゼルス)

Los Angeles Clippersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

Los Angeles Lakersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

記事執筆時はレイカーズもクリッパーズもホームスタジアムは同じです。

クリッパーズのスタジアムは現在建設中で2024-25シーズンからは別のスタジアムが使用されるようです。

宿泊ホテル:E-Central Downtown Los Angeles Hotel

LAではスタジアムのすぐ近くにある「E-Central Downtown Los Angeles Hotel」というホテルに宿泊しました。

部屋も広くてとても綺麗なホテルでした。

著名人のアートが各部屋に飾ってあるのですが、運が良いとコービー・ブライアントのアートの部屋に泊まれるかもしれません。

スタジアムでは通常ジャージーが$130、オーセンティックは$225~235で販売されていました。

クリッパーズのジャージーも同じ値段でした。

レイカーズやクリッパーズの選手のジャージーはオンランでよくセールをやっており、スタジアムは割高なので事前にネットで購入するのがおすすめです。

スタジアムから徒歩30~40分の場所にLittle Tokyoという日本の街がありスーパーやレストランなどアメリカにいながら日本のものを購入できます。

日本食や日本の物が恋しくなったら行けるのでありがたいです。

他にも有名なグリフィス天文台やディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどLAは色々な観光名所もあり日本からも近いのでNBAのスタジアムがある都市では一番オススメかもしれません。

空港(LAX)からスタジアムは少し距離がありますが、空港からUnion Stationというダウンタウンの駅までLAX Flyawayバスで$10ほどで行けます。

事前にチケットを購入しておく必要がありますが空港に着いてから購入しても十分間に合うと思います。

Union Stationからスタジアムの最寄り駅までは地下鉄で$2くらいで行けるはずです。

Memphis(メンフィス)

Memphis Grizzliesのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Moxy Memphis Downtown

メンフィスではスタジアムから徒歩15分ほどの場所にある「Moxy Memphis Downtown」というホテルに宿泊しました。

カジュアルなホテルで、ボードゲームなどが1階のリビングに沢山置いてあり自由に遊べるようになっていて楽しかったです。(ピンボールは有料)

スタジアムでは通常ジャージーが$150、オーセンティックは$300で販売されていました。

私が行った時はオーセンティックは陳列されておらずスタッフにお願いすると出してくれる方式のようでした。

スタジアムにはカスタムジャージーのサービスもあります。

この日は時間もあったので観光でエルビスプレスリーがレコーディングに使用していた事で有名なSun Studioに行ってきました。

このスタジオはツアーも出来るのですがレコーディングのスタジオとしても使用できます。

料金は200~からと高めですがエルビスが使用したスタジオで楽曲をレコーディングできたら特別な経験になりますね。

大人気で常に予約で埋まっているそうなのでスタジオでレコーディングを考えている方は予定日よりかなり早めにアポを取ることを取ることをおすすめします。

グリズリーズのスタジアムの前はBeale Streetという通りになっており試合のあとでもレストランやバーでライブミュージックを楽しむことが出来ます。

BB King’s Blues Clubという場所が一番人気のようでしたがかなり混んでいたので今回は「King Jerry Lawler’s Hall of Fame Bar & Grille」というレストランに行きました。

NBAの試合後にもハンバーガーを食べながら本場のブルースを堪能できて最高でした。

Miami(マイアミ)

Miami Heatのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Hilton Bentley Miami/South Beach

マイアミではスタジアムから電車/バスで30分ほどの場所にある「Hilton Bentley Miami/South Beach」というホテルに宿泊。

ホテルからビーチも見れて景色も最高でした。

やはりマイアミといえばビーチなのでダウンタウンではなくビーチエリアの方が私は好きです。

試合後でもUberで$10~15ほどで帰れて距離もそこまで遠くないのでSouth Beachエリアに宿泊するのもおすすめです。

ダウンタウンエリアでは同じくヒルトン系列の「The Gabriel Miami Downtown」もスタジアムにほど近くてお勧め。マリオット系列も魅力的なホテルがたくさんあります。

マイアミには数日間滞在したのですが、日本食レストランのIron Sushiを気に入ったので何度か行きました。

ラーメン、お寿司なども食べられますが中でもBento Boxは$10ほどで白ごはん、メイン、枝豆、春巻きが入っているのでアメリカではかなりお得だと思います。

チェーン店でマイアミにはサウスビーチ、ダウンタウンにも数店舗あります。

マイアミは温暖気候なので一年中、海で泳いでいる人が居ますが12~2月の気温は20℃前後なので少し海に入るのは勇気が要る温度です。

ヒートのスタジアムでは通常ジャージーが$110~140でオーセンティックは$250で販売されていました。

2階にはジャージー即日作成してくれる販売場があり、オーセンティック以外は数十分でどんなジャージーも仕上げてくれます。

なぜか2階の販売場のお姉さんは25%引きで作るよと値引きしてくれたのでもしかしたらジャージーは2階でお願いするのがいいのかもしれません。

ちなみにマイアミヒートのオンラインストアでは頻繁にセールを行なっており、日本から直接輸入する事もできます。

Milwaukee Bucks(ミルウォーキー)

Milwaukee Bucksのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Courtyard Milwaukee Downtown

ミルウォーキーではスタジアムから徒歩15分ほどの場所にある「Courtyard Milwaukee Downtown」というホテルに宿泊しました。

このホテルはThe Avenueというモールと一体になっておりレストランやゲームをして遊ぶ場所があり楽しかったです。

ホテル自体にも一階にはビリヤードテーブルがあり遊ぶことが出来ました。

スタジアムからは少し歩きますが、ホテルは部屋も広くて綺麗でしたし、フードコートと隣接していて便利でした。

次の日はバスでシカゴに向かったのですが、バス停が道の真ん中にあり少し分かりにくかったので、周りの旅行者らしき人に確認しました。

長距離バスはバス停やターミナルから出発する事が多いので他の旅行者も本当にここで待っていて来るのかと少し不安になっていました。

スタジアムでは通常ジャージーが$130で私が行った時はオーセンティックは販売されていませんでした。

Minnesota(ミネソタ)

Minnesota Timberwolvesのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:The Westin Minneapolis

ミネソタではスタジアムから徒歩5分ほどの場所にある「The Westin Minneapolis」というホテルに宿泊しました。

ホテルは部屋も広くて綺麗だったので満足でした。

私がミネソタに行ったときは土曜日だったのですがほとんどのレストランなどのお店が閉まっていて驚きました。

どうやら週末は人が来ないからか店を閉めている店舗も多いようです。

スタジアム内ではハーフシーズンチケットのメンバーを募集していましたが意外とリーズナブル?でした。

ウルブスは最近、強豪へと成長したのでもっと盛り上がってくれる事に期待します。

スタジアムでは通常ジャージーが$150、$300で販売されていました。

New Orleans(ニューオーリンズ)

New Orleans Pelicansのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:SpringHill Suites New Orleans Downtown/Canal Street

ニューオーリンズではスタジアムから徒歩25~30分ほどの場所にある「SpringHill Suites New Orleans Downtown/Canal Street」というホテルに宿泊しました。

ホテルからスタジアムは結構な距離がありますが、部屋も綺麗でした。

屋上に共用のリビングスペースがあり、街を一望できます。

スタジアムでは通常のジャージーが$150、オーセンティックは$300で販売されていました。

日本ではどうか分かりませんが特にザイオンのジャージーはアメリカのNBAストアではセール時には$30~40と格安で販売されている事が多いので、ネットで買った方がいいかもしれません。

Oklahoma City(オクラホマシティ)

Oklahoma City Thunderのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Courtyard Oklahoma City Downtown

オクラホマシティではスタジアムのすぐ裏手にある「Courtyard Oklahoma City Downtown」というホテルに宿泊しました。

部屋も綺麗でアクセスも裏口からスタジアムにほぼ直結というレベルでとても便利だったのでおすすめのホテルです。

別日には「Sheraton Oklahoma City Downtown Hotel」にも宿泊したのですが、徒歩1-2分の違いでこちらもお勧め。(ラウンジなどは閉まっていましたが、ホテル内レストランなどが充実しています。)

観光するところはあまりないのですが、このあたりはステーキが有名な地域なので、機会があればぜひ。

スタジアムでは通常のジャージーが$125、私が行った時はオーセンティックは販売されていませんでした。

Paycom Centerでは売り切れのジャージーが多く、サイズもXXLしか残っていなかったりする事が多いようなので、ジャージーにサインなどをもらいたい場合は事前にオンラインで購入した方がいいかもしれません。

オクラホマには2回行きましたが、ダラスからGreyhoundのバスで行こうとした時は2~3時間経っても出発せず、試合時間に間に合うかギリギリだったのでUberを使用する事にしました。

3時間のドライブで費用は$250くらいかかりましたが無事に試合には間に合ったので良かったです。

Orlando(オーランド)

Orlando Magicのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Hilton Grand Vacations Club SeaWorld

オーランドには何回か旅行で訪れていますが、NBAスタジアム目的ではなくディズニーワールドやユニバーサルスタジオがメインなのでいつもスタジアムから離れたテーマパークの近くに宿泊します。

テーマパーク周辺からUberでスタジアムまでは30分ほどかかります。

「Hilton Grand Vacations Club SeaWorld」はマリオットからのご招待で安く泊まれたので使ってみましたが、複数のプール、テニスコート、バレーコート、バスケコート、卓球台、ビリヤードなどのアクティビティがホテル内にあり楽しかったです。ホテル内が広すぎて移動が大変なくらい。

リゾートホテルに宿泊すると敷地内で遊べる場所も多いのでおすすめですし、ディスニーワールドも予定している場合は系列ホテルなどもたくさんありそちらもちろんお勧めです。

ちなみにリゾートと謳っていても安い・古いところだと要注意で、「Maingate Lakeside Resort」という場所を過去に一度予約したことがあるのですが、、

部屋や布団は清潔ではなく、シャワーも壊れている、シャンプーなどのアメニティもない、部屋の鍵まで壊れていて施錠できない、その上部屋の前は怪しいマフィアのような人たちの溜まり場になっており、怖すぎてとても宿泊できる環境ではなかったです笑

部屋も変更はできないとの事でしたのでキャンセルして返金してもらいその日は別のホテルに宿泊しました汗

大手サイトのレビューでは⭐️4~5だったのですが、宿泊費は他のリゾートに比べて安かったので注意すべきでした。

マジックのスタジアムでは通常ジャージーが$150で私が行った時はオーセンティックは販売されていなかったです。

Philadelphia(フィラデルフィア)

Philadelphia 76ersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Holiday Inn Philadelphia Arpt-Stadium Area

フィラデルフィアで宿泊した「Holiday Inn Philadelphia Arpt-Stadium Area」はスタジアムまでは徒歩30分ほどの場所にあります。

スタジアムの周りにはあまりホテルがなかったので、かなり距離のあるホテルに宿泊しましたがなんとか徒歩で行けるレベルでした。

ホテルの向かいにはファミレスがあったのでお昼を食べたのですが、中々美味しかったのでおすすめです。

スタジアムではNIKEの通常のジャージーが$140(スポンサーパッチなし)、スポンサーパッチありが$200(オーセンティックではない)で販売されており、他のスタジアムと比べて高額でした。

私が行った時はオーセンティックは販売されていませんでした。

スタジアムでオーセンティックでもないのにスポンサーパッチありとなしで値段を変えているのはおそらくWells Fargo Centerだけだと思います。

Phoenix(フェニックス)

Phoenix Sunsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:AC Hotel Phoenix Downtown

フェニックスで宿泊した「AC Hotel Phoenix Downtown」はスタジアムまでは徒歩15分ほどの場所にあります。

個人的にはAC Hotelの清潔感と無駄のなさは結構好みです。

スタジアムでは通常のジャージーが$150、オーセンティックは$300で販売されていました。

KDとブッカーのジャージーはセールで$50ほどで販売されている事があるのでスタジアムで買うのはかなり割高だと思います。

Portland(ポートランド)

Portland Trail Blazersのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Crowne Plaza Portland Downtown Convention Center, an IHG Hotel

ポートランドで宿泊した「Crowne Plaza Portland Downtown Convention Center, an IHG Hotel」はスタジアムまでは徒歩10分ほどでアクセスも良かったです。

あまり新しいホテルではなさそうですが部屋も中々綺麗で、プールやジムも完備されておりなんと屋外のバスケットコートもあります。

フロントでバスケットボールの貸し出しを行っているので持参する必要はありません。

有料ですが空港までのシャトルバスも手配できます。

ポートランドにはNIKEの本社があることで有名ですがツアーなどは行っていないようなので行っても外から本社を眺める事くらいしか出来ないようです。

ダウンタウンのNIKEストアには歴代のジョーダンモデルが全て展示されていましたが、それ以外は特別なストアという感じではなかったです。

ポートランドは空港から路面電車1本でスタジアムまで行けるのでアクセスが良かったです。

スタジアムでは通常のジャージーが$140、オーセンティックは$250~275で販売されていました。

スタジアム内では即日でカスタムジャージーを作ってくれるサービスもあります。

Sacramento(サクラメント)

Sacramento Kingsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Econo Lodge Sacramento Convention Center

サクラメントは空港からバス一本でアリーナなどがある中心街に20分ほどで行けるのでアクセスもとても良いです。

バスの料金は$2~3でだったかと思いますが、無料で乗せてもらいました。

アメリカあるあるなのですがバスの料金箱が壊れていたり、小銭を持っていないというと無料で載せてくれる事がよくあります。

ですが旅行に行く際はホテルなどのチップとしても使用できるので$1札は沢山持って行くと良いと思います。

サクラメントの宿泊場所は「Econo Lodge Sacramento Convention Center」というモーテルのような簡易ホテルです。

キングスのアリーナからは徒歩20分くらいでした。

建物は古いですが中は結構綺麗で値段もかなりリーズナブルだったので満足でした。

この日は早く到着したのでホテルの近くにMikuniという日本系のレストランで昼食をとりました。

ランチセットはチップ込みで4000円くらいしましたが美味しくて満足度も高かったです。

キングスは試合で勝つとアリーナからビームが点灯されるのですが、かなり高いところまで届いているので遠くからでも見ることが出来ます。

試合を見ていない街の人達もビームでキングスが勝ったかどうかわかるのは面白いなと思いました。

スタジアムでは通常のジャージーが$140、オーセンティックは$240で販売されていました。

スタジアム内では即日でカスタムジャージーを作ってくれるサービスもあります。

San Antonio(サンアントニオ)

San Antonio Spursのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:SpringHill Suites San Antonio Airport

サンアントニオはスタジアムが日本で言うと田舎のイオンみたいな場所にあり近くに何も無いので空港の近くのホテルに宿泊しました。

「SpringHill Suites San Antonio Airport」は空港からも徒歩でも行けそうに見えますが30分くらいかかるのでホテルにシャトルバス送迎をお願いするのがお勧めです。24時間無料シャトルで送迎してくれるので早朝便でも安心です。

建物は少し古いですが、部屋も綺麗で料金も安めで満足。

アウェイの遠征時はスタジアムの徒歩圏内のホテルに宿泊する事が多いのですが、初めて遠いホテルに泊まったところ試合後の激混みでUberが中々捕まえる事ができず苦労しました。

スタジアムから適当に20分くらい歩いた場所をピックアップポイントにしたらすぐに来てくれて料金も抑える事ができたのでスタジアムから試合終了後にUberを呼ぶ際は少し離れた場所で呼ぶとスムーズかもしれません。

スタジアムの近くのホテルがないので翌日の移動も考慮して私は空港ホテルを使いましたが、

観光する時間がある場合には、River Walkの近くが観光スポットで夜遅くまで空いているお店もたくさんあり、複数のホテルがあるのでお勧め。(スタジアム近くまでバスも走っています。)

スタジアムでは通常のジャージーが$120~140、オーセンティックは$270で販売されていました。

ウェンビーのジャージーは売り切れも多く大きいサイズしか残っていなかったです。

Toronto(トロント)

Toronto Raptorsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:The Westin Harbour Castle, Toronto

トロントではスタジアムから徒歩5~6分のところにある「The Westin Harbour Castle, Toronto」というホテルに宿泊しました。

Toronto International Airportからは電車で1時間弱で中心街まで来れるようですが、私が使用した空港はBilly Bishop Toronto City Airportという空港でスタジアムまで徒歩30~40分の場所でかなり近かったです。

アメリカと違いカナダではちゃんとマリオットプラチナ特典で朝食ビュッフェが無料になりました。

なお、ホテルやスタジアム周辺にはレストランも多いので食べ物には困らないと思います。

私が行った日は天気が悪く雪もかなり降っていたので少し外に出るだけでも凍えるような寒さでした。

スタジアムでは通常のジャージーがC$125~180、オーセンティックはC$320で販売されていました。

私が行った時はシーズン終盤だった事もありシティエディションは全品半額でした。

他にもスタジアム内では色々なスポーツのレジェンドプレイヤーのサイン入りグッズのオークションが開催されていて面白かったです。

翌日は観光目的でナイアガラの滝を見に行き、目の前に滝を望む「Niagara Falls Marriot Fallsview Hotel&Spa」に一泊。

こちらでも、ナイアガラの滝がずっと見られる部屋にアップグレードされたり、無料でビール・ワインをいただけたり、朝食ビュッフェも無料になるなど、カナダではアメリカ国内とは違いマリオットのプラチナ特典をちゃんと堪能できました。

スタジアムのすぐ近くのバス停から2時間くらいで行くことが出来ます。

ナイアガラ〜スタジアム付近の移動で、Lyftなどの配車サービスは偽価格を表示していて配車後に追加の支払いを求められる、などのトラブルもありお勧めできません。(Uberの方が割高価格を提示していますが、トラブルは少ないイメージです)

ナイアガラの滝の周辺のFallsview Casino Resortではフリースローゲームがあり、決めるだけで$500~2500がもらえるそうなので自身のある方は挑戦してみてください。

私が行ったときは抽選?で選ばれた人は無料で挑戦でき、開催は毎週水曜日限定?だったと思います。

他には近くにM&L Sports Cards and Collectablesというスポーツカードショップがあるのですがセール品のシングルが多くとても楽しいお店だったのでスポーツカードに興味がある方にはおすすめです。

Utah(ユタ)

Utah Jazzのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:Courtyard Salt Lake City Downtown

ソルトレイクで宿泊した「Courtyard Salt Lake City Downtown」はスタジアムのすぐ横にありアクセスは最高でした。

空港からスタジアムまでは路面電車一本で行けるのでとても便利でした。

かなり寒い地域なので防寒対策はしっかり行いましょう。

スタジアムでは通常のジャージーが$130、オーセンティックは$200で販売されていました。

Washington(ワシントン)

Washington Wizardsのスタジアムで選手と会える観戦ガイド

宿泊ホテル:AC Hotel Washington DC Convention Center

ワシントンではスタジアムから徒歩7分ほどの場所にあり「AC Hotel Washington DC Convention Center」に宿泊しました。

部屋も綺麗で地下には結構、本格的なジムも完備されていました。

スタジアムでは通常ジャージーが$150で私が行った時はオーセンティックの販売はありませんでした。

ワシントンはミュージアムが入場無料なので観光には最適でした。

色々なミュージアムがありますがスタジアムから徒歩20~30分の場所にミュージアムが沢山あるエリアがあります。

特にNational Gallery of Artにはダ・ヴィンチ、モネ、レンブラント、フェルメール、ゴッホ、ラファエロなどの有名アーティストの絵画が展示されています。

一番有名なのは『Ginevra de’ Benci』は、アメリカにある唯一のダ・ヴィンチの絵画として知られています。

私の一番好きな絵画であるモネの『Garden at Vetheuil』が見れてとても感動しました。

他にはNational Air and Space Museumがとても人気でこちらのミュージアムは入場は無料ですが事前に時間スロットを決めて予約する必要があります。

スタジアムの近くはレストランなども多く食べるものに困ることはなさそうでした。

私は2食連続でスタジアムの近くのくら寿司に行きました笑

1皿$3.6と日本に比べると割高ですが、日本の回転寿司よりも新鮮で美味しかったような気がします。(そもそも日本の回転寿司には何年も行っていないのであまり覚えていないだけかもしれませんが…)

全スタジアム制覇した感想

私はいわゆる観光地にあまり興味がなく、アメリカ国内の旅行もNBAが無かったらほとんど行っていなかったかもしれないのでNBA観戦が趣味で良かったです。

スタジアム目的での旅行が殆どで、新しい街に行ってもついでにお散歩する程度ですが、それでも旅を通して色々な出会いや経験をさせてもらいました。

数えきれない選手たちからサインを貰ったり写真を撮って貰ったりとかけがえのない思い出ができました。

私はアメリカに住んでいる事もあり2シーズンの間で全スタジアムを回ることが出来ました。

主にセルティックスがアウェイの連戦の時を見計らって平均で月に1~2回くらいスタジアム観戦旅行に行っていたと思います。

セルティックスの試合はいつもホームで観戦しているのでアウェイではなるべく他の好きな選手を見れるタイミングで行く事が多かったです。

楽しかったので何度かリピートしたスタジアムもありますが、もうTDガーデン以外のスタジアムはあまり行くこともないかもしれません。

新しいスタジアムに行くのはいつでも新鮮で楽しいけど、やっぱり大好きなセルティックスのホームのTDガーデンが一番楽しい事に気付いたからです笑

かなり偏愛の強い旅行記録になりましたが、何かの参考になりますと幸いです。

この記事が面白いと思ったらSNSでシェアしてくれると筆者が喜びます。

私のTwitternoteも是非フォローしてくださいね!

何か聞きたいことや書いて欲しい記事があったら私の質問箱か記事にコメントをいただければ時間のある時に返信します。

関連記事

Follow me!

関連記事

NBAスタジアム完全制覇しました コンプリートの感想、宿泊ホテル、旅費、節約術など」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP